unico fun life

自分らしく唯一無二の楽しい人生を

臺北戲棚 (タイペイアイ)に「金銭豹」を観に行ってきた

f:id:settidayo:20171224140926j:plain

前回の台湾旅行記から半年以上も間が空いてしまいましたが、それの続きです。

台北1日目夜。

友人の希望により、民權西路駅にある「臺北戲棚(タイペイアイ)」へ。

 

タイペイアイとは中国伝統舞台劇が観られる劇場。日本の宝塚のような濃いメイクが特徴で、演者がアクションを繰り広げるエンターテイメントな劇がいくつか上演されている。

そのタイペイアイでの劇が20時から始まるのだが、金曜夜の交通渋滞に巻き込まれ空港からホテルまでの到着時間が遅れてしまった。


ホテルからタイペイアイまでは歩いて10分くらいの近さなのだが、時間までに着くか少々焦る。

チケットは事前にクレジットカードから購入済みだ。

遅れて到着した場合は、途中から入れるかも調べておらず無駄払いだけは避けたい。

 

f:id:settidayo:20171224112334j:plain

と思っていたら5分程で劇場に着いた。

予定していた10分の半分の5分である。以外と近かかった。一階の窓口でチケットを受け取り、エレベーターで2階へ。

公演時間ギリギリということもあり、席にはもう人がけっこう埋まっていた。

劇のあらすじを簡単に伝えると、「妖怪から見初められた綺麗な娘がどうしようか悩んでいる所に三蔵法師らが偶々そこを通りかけ・・・」という、西遊記の一節を抜粋したストーリーである。

西遊記といえば、日本でも3度ほどドラマ化されているので個人的には親しみやすい。

日本語の字幕も舞台左右に表示されているので、言葉が分からなくても問題なく観れることが出来た。


f:id:settidayo:20171224110131j:plain

始まって最初にタイトルにもなっている「金銭豹」という妖怪が登場。

悪者ということで見るからに怪しい。名前に入っている「銭」が衣装の模様になっていたり顔が「豹」っぽいのは分かるけど頭のあれは一体なんなのか謎である。

ちなみにタイペイアイは写真撮影がOKなので、持っていたデジカメで何枚か撮影した。

f:id:settidayo:20171224114807j:plain
f:id:settidayo:20171224114528j:plain
そして三蔵法師一行が登場。

悟空可愛いよ悟空。動きや表情がとても魅力ですぐに心を掴まれた。

f:id:settidayo:20171224115401j:plain
こちらが妖怪「金銭豹」に狙われてしまった娘さん(向かって右)と従者の方(左)。

f:id:settidayo:20171224115458j:plain
その人に悟空が化けてー・・・

という流れなのだが後は観た人だけのお楽しみで。

悟空の動きが本当に可愛いので、西遊記に嫌な思い出がない人は一度観てみるのも良いと思う。

f:id:settidayo:20171224133815j:plain

最後に娘さんと記念に一枚。
打ち合わせなんてしていないのに、左右がまさかのおばショットになった偶然。

f:id:settidayo:20171224124554j:plain

その後は近くにある夜市で水餃子を1つ注文。

小さいお祭りの屋台くらいの規模しかなかったが、台湾で初めての食事がこれで美味しかった。

次回予告「朝ごはんを食べに阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)」へ行ってきた