ハワイ旅行

モヤさまでも紹介されていたクラッキン・キッチンに行ってみた

ハワイ旅行3日目夜。

ダイヤモンドヘッドとブーツ&キモズのオプショナルツアーから帰ってきた後、昼はワイキキビーチとロイヤルハワイアンセンターを楽しみ、夜はモヤさまでも紹介されていたクラッキン・キッチンに行くことに。

この日はロイヤルハワイアンセンター周辺の道路が歩行者天国になっていて、フラダンスの特設ステージや、食べ物、アクセサリーを販売している露天が出来ていた。


ステージの周りに出来る人だかり。

そしていたるところで香る食べ物の良い匂い。

そんな誘惑に遭いながらクラッキン・キッチンへ向かう我々。そして


注文した料理がこちら。

豪快ー!

友達が予約して頼んでおいてくれたのは、タラバガニ、ズワイガニ、エビ、アサリ、イカ、ムール貝に3種のソースがかかった「スペシャルコンボ」。

ソースはこんなかんじ。

・レッド・ハワイアンチリを使ったケイジャンスペシャルフレーバー
・ブラック・ハワイ産カカオ、黒胡椒、黒ごまを使ったこくのあるソース
・ホワイト・マウイオニオンをベースにしたレモンバターフレーバー

これを専用の手袋とエプロンをして頂く。

手はソースまみれになるので、写真なんて撮っていられない。
ただ食べることに集中するのみ。

カニの身はたっぷり詰まってて、ムール貝はぷりぷり、お肉もジューシーでどれも美味しい!

f:id:settidayo:20161128223700j:plain口直しにはドリンクを。何を注文したか忘れたが、飲み物も美味しかった。

その後、デザートを求めて「チーズケーキファクトリー」へ。

ここでのお目当てはそうデザート。購入したのがこちら。

f:id:settidayo:20161128224252j:plainチーズケーキ!(お持ち帰り)

ここでも英語での注文が必要だったので若干緊張したが、店員さんが陽気で可愛かったことと、この3日間で私に英語で注文する免疫がついてきたのもあり、今までより緊張せずに注文することができた。

「cheese cake three Please」という、ただ単語を並べただけの注文だったが、店員さんは笑顔で対応してくれたので惚れそうになった。(ちなみに店員さんは同性の女性)

ケーキの用意が出来ると店員さんに名前で呼ばれるのだが、ここでも笑顔で呼んでくれて、そのフレンドリーさとストレスなく買い物できる時間に「この店は天国かもしれない」とさえ思えた。

受け取ったケーキは、ワイキキビーチにあるクヒオビーチパークの石垣に腰掛けて、夜の海を見ながら完食。ただ少々甘く感じたので、2人で1つくらいで良かったかもしれない。

目の前に広がる海は真っ暗だったけれど、ささやかに感じる風がとても気持ち良かった。

ハワイ最後の夜は、穏やかで心地よい時間が流れていた。

次回予告:これぞハワイ!これぞワイキキビーチ!