ハワイ旅行

モヤさまでも紹介され話題のクラッキン・キッチンでディナー【ハワイの手掴みシーフード】

ハワイ旅行3日目夜。

ダイヤモンドヘッドとブーツ&キモズのオプショナルツアーから帰ってきた後、昼はワイキキビーチとロイヤルハワイアンセンターを楽しみ、夜はモヤさまでも紹介されて話題になった「クラッキン・キッチン」に行くことにしました。

クラッキン・キッチンへ

この日はロイヤルハワイアンセンター周辺の道路が歩行者天国になっていて、フラダンスの特設ステージや、食べ物、アクセサリーを販売している露天が出来ていました。


ステージの周りに出来る人だかり。

そしていたるところで香る食べ物の良い匂い。

そんな誘惑に遭いながらクラッキン・キッチンへ向かう我々。

お店に到着して、注文した料理がこちら。


豪快ー!

友達が予約して頼んでおいてくれたのは、タラバガニ、ズワイガニ、エビ、アサリ、イカ、ムール貝に3種のソースがかかった「スペシャルコンボ」。

3種のソースはこんなかんじ。

  • レッド・ハワイアンチリを使ったケイジャンスペシャルフレーバー
  • ブラック・ハワイ産カカオ、黒胡椒、黒ごまを使ったこくのあるソース
  • ホワイト・マウイオニオンをベースにしたレモンバターフレーバー

これを専用の手袋とエプロンをして豪快に頂きます。

手はソースまみれになるので、写真なんて撮っていられません。
ただ食べることに集中するのみです。

カニの身はたっぷり詰まってて、ムール貝はぷりぷり、お肉もジューシーでどれも美味しいー!


口直しにはドリンクを。

名前は忘れましたが、ドリンクはどれも美味しかったです。

クラッキン・キッチンは予約が必要?

クラッキン・キッチンは人気のレストランなので、週末などに行く場合は予約をしていった方が無難です。

実際、私たちも予約をして行きました。

お店に着いた当初は「予約しなくても大丈夫だったかな?」と思えるくらいの混み具合だったのですが、だんだん人が増えて満席になったので、行く際は予約することをおすすめします。

方法は電話やクラッキン・キッチンの公式サイトから可能ですが、あいにく英語表記です。ただ、グルヤクなど日本語で対応しているグルメサイトがあるので、英語が不安な方はこちらから予約してみてください。

クラッキン・キッチンを日本語で予約

おまけ:帰りにチーズケーキファクトリーへ寄ってみた

クラッキン・キッチンから徒歩圏内のところに「チーズケーキファクトリー」というお店があります。

ここでのお目当ては、店名で分かるとおりデザートです。


購入したのがこちらのチーズケーキ(お持ち帰り)。

ここでも英語での注文が必要だったので若干緊張しましたが、店員さんが陽気で可愛かったのと、この3日間で私に英語で注文する免疫がついてきたのもあり、今までよりも緊張せずに注文することができました。

「cheese cake three Please」という、ただ単語を並べただけの注文でしたが、店員さんは笑顔で対応してくれたので惚れそうになりました(ちなみに店員さんは同性の女性)。

ケーキの用意が出来ると店員さんに名前で呼ばれるのですが、ここでも笑顔で呼んでくれて、そのフレンドリーさとストレスなく買い物できる時間に「この店は天国かもしれない」とさえ思えるほど。

受け取ったケーキは、ワイキキビーチにあるクヒオビーチパークの石垣に腰掛けて、夜の海を見ながら完食。ただ少々甘く感じたので、2人で1つくらいで良かったかもしれません。

目の前に広がる海は真っ暗でしたが、ささやかに感じる風がとても気持ち良かったです。

ハワイ最後の夜でしたが、とても穏やかで心地よい時間を過ごせました。

続き「ザ!ハワイ!というような景色が見られる快晴の日のワイキキビーチ